FC2 Blog Ranking
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  活動  »  【拡散歓迎】2月29日 院内集会 『原発事故被害者支援法』(仮称)市民提案

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散歓迎】2月29日 院内集会 『原発事故被害者支援法』(仮称)市民提案

院内集会
『原発事故被害者支援法』(仮称)
市民提案





「避難の権利」確立と
避難者・居住者の長期的な支援に向けて

東電福島原発事故の発生から一年。いまも多くの方々が避難生活を余儀なくされています。現地に暮らす方々も、恒常化した放射線被ばくのリスクにさらされ続けています。
 放射線被ばくによる健康被害を巡る議論は決着を見ません。クロとの証明は十分でないが、シロであるとも言い切れない。そうしたグレーゾーンの問題に直面したとき、国家は市民の「自己決定」を尊重すべきではないでしょうか。 
①避難を選択した人には避難先での生活の保障を。
②継続居住を選択した人には十分な放射線防護と健康の保障を。
 原子力発電は国策で推進されてきました。原発事故による被害者の生活保障、健康保障については、国家が責任をもって行うべきです。
 原発被災者への恒常的な対策立法(日本版チェルノブイリ法)を求める市民の声の高まりを受けて、以下の日程で院内集会を開催いたします。




【詳細】
◆日時: 2012年2月29日(水) 11:30~13:30
※11:00から、衆議院第一議員会館ロビーにて入館証を配布します。
◆場所: 衆議院第一議員会館 1F多目的ホール(東京都千代田区)
最寄駅:東京メトロ国会議事堂前、永田町
◆プログラム(予定)
第一部 現状報告:二つの福島~福島の在留者および避難者のいま
・現状整理 
・避難した福島
・避難区域外の福島の今~福島市渡利住民の立場から
・母として、若い女性として~子どもを守るために  宍戸ちか 菅波香織 他
・地方自治体の立場から 保坂展人世田谷区長 他交渉中
・国会議員からの発言


第二部 恒久対策立法に向けて
・問題提起「選択的避難区域設定、生活再建支援、累積被ばく管理の必要性」
・立法提言:『原発事故被害者支援法』 大城聡/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク
・在留者および避難者からの発言 中手聖一/子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
・宣言文採択


◆参加費: 500円


◆申込み:不要(当日、会場にお越しください)






【主催】  福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、 国際環境NGO FoE Japan(地球の友ジャパン)、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)


【協力】(含む交渉中):ハーメルン・プロジェクト、子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク、福島避難母子の会 in 関東 、福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト


【問い合わせ】
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)
担当:河﨑(かわさき) 090-4831-0079


国際環境NGO FoE Japan
担当:満田(みつた) 090-6142-1807

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。