FC2 Blog Ranking
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  放射能  »  映画「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」ご招待

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」ご招待

試写会・記者会見のご招待です。
ご希望の方は、お名前・連絡先をお書きの上メールフォームからか
hinanboshi@yahoo.co.jpまでご連絡下さいませ。



■公式HP
ドキュメンタリー映画「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」
http://www.kodomotachi.jp/

本映画は、1986年のチェルノブイリ原発事故を体験した母親や子どもたち。
そして、現在進行型である福島の母親と子どもに密着したドキュメンタリーです。

福島に生きる母親と子どもは、錯綜する情報の中、
実際に何を思い、どう生活しているのか、
そして、今でも原発周辺に住み続けているウクライナの母や子供は、
これだけの時間を経た今、福島のことをどう考えるのか。
 どちらの国でもひとつだけ共通しているのは、母親と子どもの目は、
いつでも、未来に向いているということです。
過去に起こったことではなく、これからどう生きるか。
子どもという希望が、これからどうなっていくのか。
 さらには、原発から目をそむけないこと。
そして、原発事故の後にも希望はあること。
この作品を通して、子どもたちの未来と一緒に、
これからの未来を考えるきっかけになることを願っております。

今回、公開を記念して、実際にチェルノブイリ原発で働いていた一家の娘さんが
緊急来日し、原発についてや映画について、監督と語ってもらうマスコミ会見を
行いますので、是非ご興味のある方々をご招待したいと思っております。

※ご参加は無料となります。

<公開直前記者会見>
■日時:12月15日〈木〉
■時間:18時開場/18時30分開演(本編上映後、記者会見)
■場所:シネマート六本木(東京都港区六本木3-8-15 シネマート六本木3F)
■登壇予定ゲスト
・アレクサンドラ(20歳)※本映画にも出演していただいています。
・田野監督
・林哲次プロデューサー

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。