FC2 Blog Ranking
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  活動  »  自主避難者の賠償について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主避難者の賠償について

遅くなりましたが、昨日の原子力損害賠償紛争審査会の結果ご報告です。

紛争審査会

昨日行われた、原子力損害賠償紛争審査会では自主避難者の賠償対象区域と金額が決定しました。
自主的避難をした人も、滞在する人も賠償対象となりました。
福島市、郡山市を含む23市町村、金額については子ども・妊婦一律40万円、一般8万円です。

福島避難母子の会では、区域についても金額についても納得はできません。
線量が高い白河市や西郷村、飯館に隣接する宮城県の丸森地区などが含まれておりませんし、千葉県などの一部高線量地区も含まれておりません。

避難費用・夫と離れ二重生活による住宅の家賃や光熱費・父子が会う為の交通費・家電購入費・避難による精神的苦痛など、これだけのものが一人8万円です。

賠償金額の決め方にも納得がいきません。



「50万じゃ高すぎるから40万でいかがでしょう?」


「10万と5万の間をとって8万でよろしいでしょうか?」



こんな適当な決め方なんですよ。

納得いきません!!






スポンサーサイト
Comment
西郷村に住んでます


本当に納得がいきません
本気でイラつきます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。