FC2 Blog Ranking
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  支援  »  神奈川県 被災者受入住宅の第3次募集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県 被災者受入住宅の第3次募集

被災者受入住宅の第3次募集がはじまっています。


1 募集戸数   県営住宅、県公社住宅、市町営住宅、UR都市機構賃貸住宅、国家公務員宿舎など 593戸


  ※横浜市営住宅、横浜市住宅供給公社住宅については、別途横浜市が受付する予定です。   
 

2 受 付 ○ 受付期間

平成23年6月21日(火)から7月29日(金)まで

受付時間は、午前9時から午後4時まで

○ 受付方法

 電話による申し込み(先着順です。)

■ 受付専用電話  045-210-5955(直通)

  ※FAX,E-メールでの受付はいたしません。

   受付窓口も設けませんので、お電話のおかけ間違いの無いようご注意ください。

3 募集対象者 ○ 東日本大震災により住宅が全壊または半壊するなど居住の継続が困難になった方

○ 福島第一原子力発電所の事故による警戒区域、計画的避難区域および緊急時避難準備区域に住居がある方

4 あっせん方法等 ○ 先着順でのご提供となるため、電話の受付順に入居を希望される住宅を伺います。

 ○ 受付日の翌日までに、受付順にあっせん決定を電話連絡します。

 ○ 家賃、敷金、退去時の修繕、連帯保証人は免除します。



詳しくはhttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p137667.html
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。