FC2 Blog Ranking
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  活動  »  自主避難者交流会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主避難者交流会

昨日、恵比寿にて行われた自主避難者の交流会無事終了しました。

ご参加下さった避難母子の方、取材に来てくださったNHK・TBSの方、

そして、ご協力下さった早稲田大学の方々、本当にありがとうございました。

根ヶ山教授をはじめとした、早稲田大学人間環境科学科の研究室の方々は
避難した子どもと親をつなぐ取り組み(かささぎプロジェクト)を立ち上げ活動されています。
根ヶ山教授ご自身も、「阪神大震災」という大きな地震を経験し各方面からの様々な支援に感銘を受けたそうです。そして今回の東日本大震災で被災した方に何か協力できればと、これまで研究室で蓄積してきた知見を活かし、このプロジェクトを立ち上げられたそうです。

早稲田大学 根ヶ山光一教授のプロフィールはこちら↓
http://www.human-waseda.jp/faculty/052_negayama.html


今回は、自主避難者同士新しい出会いもあり、大変有意義な交流会となりました。
避難してもなお、問題は山積みです。子どもの事、生活の事、将来の事、福島はどうなるの?…

自主避難者の様々な思い、このブログでも伝えていこうと思っています。


“子別れ”としての子育て (NHKブックス)“子別れ”としての子育て (NHKブックス)
(2006/04)
根ケ山 光一

商品詳細を見る






スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。