FC2 Blog Ranking
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  活動  »  第4回 トークふくしま 〜福島の人の話を聞く会を開催

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回 トークふくしま 〜福島の人の話を聞く会を開催

こんにちは。
先日の金環日食はご覧になりましたか?
たくさんの人が、同じ空を見上げて、なにを思ったのでしょうか。
その気持ちを、もう少しだけ「ふくしま」に向けてくれたらな、とも思ったり・・・です。

 
下記、ご好評をいただいております、福島の人の話を聞く会を開きます。
早いもので第4回となりました。

中継などはありません。
福島の人と、話す、対話をする、ことを目的としています。
いつも直前のお知らせで申し訳ございませんが、少しでも交流の場をもてますようお待ちしております。
お誘い合わせの上、お越しください★ 
 
 
**********************************************
第4回トークトークふくしま
 
第1部 『本当の空を離れた今。』
第2部 『避難者である母子の会2人が関わっている、避難先での保養受入とは。』
 
【日 時】 2012年(平成24年)5月27日(日) 13:00~15:30
【会 場】 福島避難母子の会in関東コミュニティスペース「てとて」
東京都品川区戸越5-14-17 ドゥエル藤博202
地図→http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?p=%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E6%88
(最寄り駅 東急大井町線 戸越公園駅、東急池上線 荏原中延駅、都営浅草線 戸越駅)
【参加費】 500円
 
【第1部】13:00~14:00
パネリスト
■鹿目 久美さん・・・福島からの自主避難者。神奈川県相模原市で、母子避難生活。
 
「安達太良山の上にあるのが、本当の空だといふ。」
高村光太郎の妻である智恵子が愛した、その安達太良山の麓でのんびりスローライフを送っていた、
鹿目久美さん。原発事故で人生は一変した。
その空気を、風景を、あらゆる自然の恵みを、手塩にかけた作物を、家を・・・手放さなければならなかった。
それは、なんのために、誰のために。その決断を聴いて欲しい。
 
 
【第2部】14:15~パネルディスカッション
パネリスト
■鹿目久美さん・・・福島からの自主避難者。神奈川県相模原市で、母子避難生活。避難母子の会メンバー
■前田佳子さん・・・「母ちゃんず」(相模原市の共同保育幼児園「つちのこクラブ」に通わせている保護者有志のグループ、保養キャンプなど主催)
■相星素子さん・・・こどもふくしま緊急支援チーム代表、「福島の子どもたちとともに・世田谷の会」副代表
■進行兼メンバー……かんざわ沙織(福島避難母子の会in関東メンバー、香川においでプロジェクト理事、世田谷保養プロジェクト実行委員)
 
【注意点】
※事情により、パネリストに変更がある場合がございますので予めご承知おきください。
※取材は事前にお問合せください。
※予約は不要です。
 
【問合せ】
福島避難母子の会in関東 
事務局 hinanboshi▲yahoo.co.jp(▲を@に変えてください)
    
 
 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。