FC2 Blog Ranking
ホーム   »  2012年03月
Archive | 2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11復興支援 さまざまな形 メディアによる支援 報告会のご案内

復興経過報告会の案内が来ましたので掲載させて頂きます。


○●○「3•11復興支援 さまざまな形 メディアによる支援 writing + photo & video」 報告会のご案内○●○




頓所 直人 「さだまさしも絶賛 石巻自主避難所の自助支援」
湯本 雅典 「福島の真実ー映像による被災地•被災者支援ー」



東日本大震災から1年。震災報道が過熱するなか、この現象を一時的なものにせず、被災地支援への注意喚起を続ける必要があります。そこで、復興支援報告会では、「メディアによる支援」と題し、メディアならではの強みと特徴を活かした、ペン(含写真)とビデオによる支援を紹介いたします。
 演者は週刊プレイボーイの取材記者でありながら独自の活動を展開するライター、頓所直人氏。そして、被災地の生の姿を撮り続けるビデオジャーナリスト、湯本雅典氏。両氏ともに官製報道や美談に流れることなく、粛々と事実を拾い上げ被災地の素顔を伝えてこられました。これらの取材活動は、今後の社会の行く末を見せてくれる的確かつ重要な情報であり、なおかつ被災地を励まし、そのまま支援につながるものであります。
 被災地がもっと身近になる、興味深いエピソードに触れる絶好の機会です。メディアだからこその可能性を探り、次世代の日本を創りあげる原動力として、新しいヴィジョンが得られる会になると確信いたします。

●タイトル 3・11復興支援 さまざまな形「メディアによる支援」
●報告   頓所 直人 (週刊プレイボーイ記者) 「さだまさしも絶賛 石巻自主避難所の自助支援」
      湯本 雅典 (ビデオ・ジャーナリスト) 「福島の真実ー映像による被災地•被災者支援ー」
      写真とビデオによる報告+懇親会
●日時   2012年3月30日 19:00〜21:00 (18:30 開場)
●会場   プラットフォームDeli+Cafe  http://yamori.jp/facility/cafe
       東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア1F
●地図   http://yamori.jp/access
●会費    当日2,500円
       (報告会+ビデオ鑑賞+1ドリンク+軽食) 会費の一部は、復興支援活動に使われます。
●予約制   件名「復興支援報告会出席」として、お名前と連絡先をお知らせ下さい。
●協力    プラットフォームDeli+Cafe
●主催+問い合わせ&申込み   人の輪ネット 能登まで hitonowa311@hotmail.co.jp
TEL: 070-5099-4305




<報告者プロフィール>
頓所 直人氏
週刊プレイボーイの記者として、政治、経済から殺人事件まで幅広い分野を取材してきた。精神医療現場や貧困などの社会問題をテーマにした特集に取り組み、好評を得る.
3・11震災後は福島をはじめ、被災地での取材に軸を置いて活動中。被災地を励ます取材記者として知られる。
『笑う、避難所 ー石巻・明友館136人の記録ー』(集英社)著者。


湯本 雅典氏
東京の公立学校を自主退職し、映像ジャーナリストに転身。独自の視点による自主ビデオ制作で作品を発表。
レイバーネットにて報道を続ける。3・11直後の、マスメディアが逃げ出した福島に現地入りし、取材を開始。
大手メディアでは拾いきれない「生の現地映像」をネット上で展開する。
同時並行で、ドキュメンタリー映画『子どもたちを放射能から守れ』『わたしたちは忘れない』を発表。
現在、避難母子の会in関東を支援中。
学習塾「じゃがいもじゅく」指導。『学校を辞めます』(合同出版)著者。
ビデオ作品『学校を辞めますー51才の僕の選択』では、数々の賞を受賞。
東京ビデオフェスティバル2007優秀作品賞
東京ネットムービーフェスティバル2007一般部門優秀賞
ふかやインディーズムービーフェスティバル07 深谷シネマ館長賞
2008年ヒューマンドキュメンタリーコンテスト最優秀賞




スポンサーサイト
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。