FC2 Blog Ranking
ホーム   »  招待
Category | 招待

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂田雅子監督最新作「沈黙の春を生きて」特別試写会

映画製作・配給会社シグロ様 よりご連絡いただきました。

福島 避難母子の会in関東 の方を映画の試写会へ招待してくださるそうです。

坂田雅子監督最新作「沈黙の春を生きて」特別試写会

【抽選で10名様】をご招待!!




9月24日(土)より岩波ホールにて公開いたします、坂田雅子監督最新作
「沈黙の春を生きて」の特別試写会を行います。

今から50年前の1961年8月10日、アメリカ軍はベトナムにおいて枯葉剤散布
作戦を開始しました。ちょうど同じ頃、アメリカでは作家で生物学者のレイ
チェル・カーソンが「沈黙の春」を発表し、化学剤や放射能の危険性につい
て警告を発しました。それにより、アメリカ国内ではDDTの禁止など環境問
題への関心が高まりましたが、ベトナムで散布されていた枯葉剤については
「人体に影響はなく、土壌も1年で回復する」との理由で、1975年までの14
年間にわたり、400万人に及ぶベトナムの人々に直接散布を続けました。

戦後35年を経た現在、枯葉剤による被害はベトナムだけでなく、当時ベトナ
ムに駐留していた兵士たちもその影響に苦しみ、被害は彼らの子どもや孫の
世代にまで及んでいます。

本作は枯葉剤により人生を大きく変容させられたベトナム・アメリカ双方の
被害者たちの困難と勇気を描き、「沈黙の春」で化学剤と放射能の危険性を
いち早く警告した、レイチェル・カーソンの予言的言葉に再び耳を傾けるこ
との大切さを訴えます.

■『沈黙の春を生きて』公式サイト→http://cine.co.jp/chinmoku_haru/
監督:坂田雅子/ナレーション:加藤登紀子

この度、『沈黙の春を生きて』の出演者の一人、アメリカ軍帰還兵の娘で
自身も身体に障害を持って生まれた、ヘザー・バウザーさんが来日されます。

つきましては、ヘザーさんと坂田雅子監督の舞台挨拶付き特別試写会に
「福島・避難母子の会in関東」の会員の方を【抽選で10名様】ご招待致します!
平日のお昼ですので皆さまお忙しい事と存じますが、ふるってご応募頂けます
と幸いです。

**********************************

▽上映作品:「沈黙の春を生きて」

▽上映時間:1時間27分

▽日時:8月23日(火)
    12時40分 開場/13時00分 開演/14時30分 上映終了
    ☆上映前に、坂田監督とヘザーさんの舞台挨拶あり!!

▽ご招待人数:10名

▽場所:映画美学校(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS/TEL:03-5459-1850)

     ■地図はこちら↓
    http://www.eigabigakkou.com/location_detail/

*駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

********************************

【応募方法】
下記情報をご記入の上【 siglo@cine.co.jp 】までご応募ください!
----------------------------------------------------------------
件名:「沈黙の春を生きて」特別試写会応募メール【福島・母子の会】
お名前:
人数:
年齢:
性別:男/女
メールアドレス:
ご連絡先:
----------------------------------------------------------------

【締切】
8月19日(金)17時必着

【発表】
8月19日(金)中に当選者の方にのみ《メール》でお知らせいたします。
*対象は8月19日(金)17時までに届いたメールに限らせていただきます。
*誠に勝手ながら、当選者へのお知らせをもって発表とさせていただきます。
*当選確認のお問い合わせはご遠慮ください。

【お問い合わせ】
シグロ:西 03-5343-3101
siglo@cine.co.jp

「沈黙の春を生きて」
9月24日(土)~10月21日(金)
岩波ホールにて4週間限定ロードショー!他、全国順次公開予定!


スポンサーサイト
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。