FC2 Blog Ranking
ホーム   »  支援
Category | 支援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島ー関東対話の会 第4回


福島ー関東対話の会 第4回
 
-------------------------------------------------------------------
葛藤は自由の種
ー自由の種を育む対話ー
 
日時:9月30日(日)13時~17時(対話は16:30までです)
場所:東京都の会場(お申し込みのあった方にお伝えします)
対象:関東へ避難されている福島の方々と、福島でさまざまな領域で活動しておられこの場を必要とされる方
参加費:\500前後(お子様同伴・参加歓迎、会場費、お茶代を全員でシェア)*皆様に安心して対話に参加して頂きたく、会場までのご案内・ご同行・お子様たちのサポートなど出来る限りの事を私たちスタッフでご協力させて頂きます。
問い合わせ・申し込み先:桐山 take.kiriyama1@gmail.com
ファシリテーター:廣水乃生・石井佳世 +関東ー福島対話の会ファシリテーターチーム
 
<内容>
・最近の自分の暮らしや気持ちを振り返る
・参加者全員でどんな話題を話しあいたいかを提案しあう
・共有する問題を選び、問題を深める
・対話を通して気づいたことを日常生活でどう活かしていくかを相談する
 
--------------------------------------------------------------------
先日、第3回目の対話を終え、今回第4回目の対話を開催する運びとなりました。第1回目は避難されて来ているママさんたちとお子さん、第2回・第3回では避難されている方と福島県で生活をされていらっしゃる方との対話が行われました。そして普段私たちには見えていない想いがまだまだ沢山あることに改めて気づかせて頂きました。それは大人の方から見た世界だけではなく一緒に参加してくれているお子さんたちに見えている世界の中にもとても大切なものがあるんだという気付きです。この会は参加されたお一人お一人が、自分の本心に寄り添うための対話の場です。
この対話の場では、一人一人が問題や葛藤を持ち、しかし同時に自由な人でもあります。
ご自身の奥底にしまい込んでいた想いを解き放ち、本来もっている力を取り戻しにおいでなりませんか?
 
2011年の3月11日から、既に1年以上の時間が経ちました。
東日本大震災の傷跡と東京電力の福島第一原発事故から起こりつづけている問題があり、
解決されたこと、そのままのこと、より悪化していることと、さまざまな事が同時に進行しています。
先人が生きたことがないほど、私たちは難しい時を生きているのではないでしょうか。
 
家族や縁のある人といる時に意見の違う気持ちがあってもと伝えることができず、黙り込み飲み込み、相手を否定し、自分を責めることになっていませんか。そして、分断が人と人の間、家族の中、町の中、個人の心の中で起こっていませんか。対話は普段私たちが何気なく行っている事です。しかし震災・原発事故以降本当は話したいのに心に閉じ込めてしまい『誰かに聴いてほしいけれど本当の想いを話したら・・・』と思いとどまってしまわれた方が大勢いらっしゃると思います。
 
時間だけはただただ過ぎていくのに先が見えない・・・。お一人お一人が抱えていらっしゃる悩みはそれぞれ違うだけに周囲に本当の気持ちを話す事が出来ない・・・そんな心の葛藤を、この場所で共に悩み、考え、少しずつでも前に進むきっかけを見出だして頂けたらと思っています。
 
こういう時だからこそ、心の奥底にしまい込んでしまった自分の本当の気持と向かい合う事が、とても大切な事ではないかと思います。
 
今後時間が経つにつれ、大切な皆様の想いを風化させない為にも私たちと共に語り、共に考え、そして共にこれからを生きたいと願っています。ぜひ皆様の心の声をお聴かせください。そして、周りにもし、避難されてきていらっしゃる方がいましたら、お声をかけていただけないでしょうか。皆様のご参加心より御待ち申し上げております。尚、第5回目の対話の日程・場所など詳細はまた後日御知らせさせて頂きます。
 
 
 
----------------------------------------------------------
<福島ー関東対話の会とは?>
☆震災・原発事故により福島から避難されてきた皆様や現在も福島県で生活を送られている方々と『心の共有』をさせて頂きたくこのような心の対話の場を創っている会です。
☆ 今年の1月に横浜で行われた脱原発世界会議の福島の部屋でのファシリテーターと参加者とが中心になっている会です。
「ふくしまの部屋報告」http://www.foejapan.org/energy/evt/fukushima_01.html
 
 
廣水 乃生(ひろみず・のりお):
ファシリテーター(東京・茨城)。米国プロセスワーク研究所大学院で組織の活性化と対立状況への介入について3年間専門的なトレーニングを受け、現在、コミュニティファシリテーション研究所を設立。組織・企業で心理的な葛藤をグループセラピー的に扱う合意形成プロセス実施。また、日本各地で「絶望」をテーマにグループセラピー的な対話の場を開催。http://comfaci.com/ 
 
石井佳世 略歴:心理カウンセラーの資格を取得。普段は4歳になる一人娘の母親であり、日々子育てに、勉強に奮闘する専業主婦。福島には親戚を始め多くの友人がいる。昨年は福島市で行われたシンポジウムを始め様々なイベントに参加。

スポンサーサイト

7/29 東日本大震災避難者交流会@神奈川



7/29 東日本大震災避難者交流会
http://ksvn.jp/news36795.html

東日本大震災に逢い、神奈川県内に避難されている方を対象に、交流会を開催します。

【日時】7月29日(日)11時~16時(入退場自由)
【場所】神奈川県社会福祉会館 横浜駅から徒歩約15分(地図)
    *駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください。
【内容】☆ フランダンスショー
    ☆ 弁護士による相談(無料です・予約してください)
    ☆ ゲーム、リラクゼーション
    参加費:無料(お弁当がでます)
【主催】かながわ東日本大震災ボランティアステーション
【共催】かながわ東日本大震災県内避難者支援ネットワーク
【協賛】日本頭脳スポーツ協会
【お問い合せ】            045-312-1121      内線4141/4142
(かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業事務局)

【当日のプログラム】
ホール
11:30~フラダンスショー
13:30~故郷からの報告・避難者からの報告
14:30~フラダンスショー
15:30~ミニコンサート合唱

常設:ハンドマッサージ、タッピングタッチ、ものづくり体験、ステッキ体操、頭脳ゲーム等

談話室:お茶っこ(福島県職員もお待ちしています)

弁護士相談室:お困りごとや法律の相談お受けします。(事前にお申込みください。)

第二回 福島ー関東 対話の会


福島ー関東対話の会 第2回

-------------------------------------------------------------------
葛藤は自由の種 
ー自由の種を育む対話ー

日時:7月29日(日)13時~17時(対話は16:30までです)
場所:東京都杉並区の会場(お申し込みのあった方にお伝えします)
対象:関東へ避難されている福島の方々
参加費:\500 (子連れ歓迎)
問い合わせ・申し込み先:桐山 take.kiriyama1@gmail.com
ファシリテーター:桐山 岳大 、石井佳世 +関東ー福島対話の会ファシリテーターチーム

<内容>
・最近の自分の暮らしや気持ちを振り返る
・誰かとペアで、振り返りや気づきを分かちあう
・参加者全員でどんな話題を話しあいたいかを提案しあう
・共有する問題を選び、問題を深める
・ 対話を通して気づいたことを日常生活でどう活かしていくかを相談する

--------------------------------------------------------------------
先日、第1回目の対話を終え、今回第2回目の対話を開催する運びとなりました。この会は参加されたお一人お一人が、自分の本心に寄り添うための対話の場です。
この対話の場では、一人一人が問題や葛藤を持ち、しかし同時に自由な人でもあります。
ご自身の奥底にしまい込んでいた想いを解き放ち、本来もっている力を取り戻しにおいでなりませんか?

さまざまなコトが同時に進行している今、
ひとときだけ、立ち止まって、自分を見つめ直してみませんか。

2011年の3月11日から、1年以上の時間が経ちました。
東日本大震災の傷跡と東京電力の福島第一原 発事故から起こりつづけている問題があり、
解決されたこと、そのままのこと、より悪化していることと、さまざまな事が同時に進行しています。
先人が生きたことがないほど、あなたや私は難しい時を生きているのではないでしょうか。

家族や縁のある人といる時に意見の違う気持ちがあってもと伝えることができず、黙り込み飲み込み、相手を否定し、自分を責めることになっていませんか。そして、分断が人と人の間、家族の中、町の中、個人の心の中で起こっていませんか。

先の見えない現状にご不安な想いを抱いたまま毎日を送られている方々がたくさんいらっしゃると同時に、お一人お一人が抱えていらっしゃる悩みはそれぞれ違うだけに周囲に本当の気持ちを話す事が出来ない・・・ そんな心の葛藤を、この場所で共に悩み、考え、少しずつでも前に進むきっかけを見出だして頂けたらと思っています。

こういう時だからこそ、心の奥底にしまい込んでしまった自分の本当の気持と向かい合う事が、とても大切な事ではないかと思います。

今後時間が経つにつれ、大切な皆様の想いを風化させない為にも私たちと共に語り、共に考え、そして共にこれからを生きたいと願っています。ぜひ皆様の心の声をお聴かせください。そして、周りにもし、避難されてきていらっしゃる方がいましたら、お声をかけていただけないでしょうか。皆様のご参加心より御待ち申し上げております。※第3回目の対話は、8月18日(土) 13:00~16:30です。場所など詳細はまた後日御知らせさせて頂きます。



----------------------------------------------------------
<福島ー関東対話の会とは?>
☆震災・原発事故により福島から避難されてきた皆様と『心の共有』をさせて頂きたくこのような心の対話の場を創っている会です。
☆ 今年の1月に横浜で行われた脱原発世界会議の福島の部屋でのファシリテーターと参加者とが中心になっている会です。
「ふくしまの部屋報告」http://www.foejapan.org/energy/evt/fukushima_01.html


桐山岳大 略歴:郡山疎開裁判、関東からの姫路や山口への疎開、脱原発世界会議「ふくしまの部屋」、裏磐梯での対話プロジェクトに関わる。プロセス指向心理学を根底にすえるファシリテーターであり演出家。みそづくり等持続可能なライフスタイルを楽しんでいる。

石井佳世 略歴:心理カウンセラーの資格を取得。普段は今年4歳になる一人娘の母親であり、日々子育てに、勉強に奮闘する専業主婦。福島には親戚を始め多くの友人がいる。昨年は福島市で行われたシンポジウムを始め様々なイベントに参加。

YMCA夏キャンプ助成制度のご案内


東日本大震災被災者支援 YMCA夏キャンプ助成制度のご案内


三菱商事キッズ・スカラーシップ
 
東京YMCAは、三菱商事株式会社の支援を受けて、東京YMCAが行う夏のキャンプ、デイキャンプ(日帰りキャンプ)、スクールプログラム(水泳・英語・工作など)に、被災児童またはご家族皆様が参加される場合の参加費を、助成いたします。被災地はもとより、特に東京周辺の各地域に移住・一時避難されている被災者皆様が、東京YMCAのプログラムに参加することによって、地域の子どもたちと交わり、リフレッシュし、希望をもって成長していけるよう、支援できればと願っています。
 
ご不明な点につきましては、遠慮なく参加希望プログラム担当までお問い合わせいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
【助成額】(上限)
 日帰り: 5,000円/1日、
宿 泊: 1泊2日 10,000円、  2泊3日 20,000円、   3泊4日 30,000円、
上限 6泊7日 60,000円まで
  *参加費差額は、お申込み後、各センターの口座にお振込みいただきます。
  *お申込みから6日目以降にキャンセルされた場合、規定のキャンセル料が発生します。 
  *ファミリープログラムでは、懇親会費等別途費用をご負担いただく場合があります。
 
【対 象】
被災地または東京各地に移住・一時避難している被災児童とその家族。
※罹災証明書(コピー)の提出が必要です。ない場合は個別にご相談願います。
※過去にこの制度やYMCAが行うフレンドシップキャンプ、リフレッシュキャンプに参加したことがない方が対象です。
 
【コース内容・一覧】
     
  *集合解散場所は、東京都内(各センター会館もしくはその近郊)です。
  *海外キャンプは対象外です。
  *福島県内を集合解散場所とする「リフレッシュキャンプ」も別途開催します。近日中にお知らせします。
 
【申込方法】
 ご希望のプログラム担当センターまでお電話でお申し込み下さい。
 その際に「スカラーシップで参加」とお伝え下さい。
 6月7日(木)10:00から受付開始します。ただし一部受付開始日の異なるコースがあります。詳細ご確認ください。(先着順)
 
*電話予約の後、申込書、保険証のコピー等の提出が必要となります。
*宿泊キャンプの場合は、お申込み後に打合せ会を行います。プログラムの詳しい内容や持ち物などのご説明をし、引率者との顔合わせをします。
*参加後に、保護者の方にも感想を書いていただき、写真を添えて三菱商事に報告いたします。

 
【主 催】 公益財団法人 東京YMCA

【協 賛】 三菱商事株式会社

【お問合せ先】 (お申し込みは各センターとなります)
 公益財団法人 東京YMCA 西東京コミュニティーセンター 担当:井口
 〒186-0002 東京都国立市東1-4-20-102
 電話:0422-577-6181  ファックス:042-577-5574

http://tokyo.ymca.or.jp/news/days.php?no=479




母ちゃんず 〜相模原に避難している方との交流会

下記案内がありましたのでお知らせします。


【母ちゃんず~相模原市に避難している方との交流会お知らせ】
相模原市内・近郊に被災地から避難してきている方、
お茶でも飲みながら気軽にお話しませんか?
住まいの近くでお友達を作りたい方、地域の方とつながりたい方、相模原市や周辺のことを知りたい方、
何かを伝えたい方、いろんな方の話を聞きたい方、一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
 
6月3日(日)9:30~11:30(お好きな時間にどうぞ)
 
場所:横浜線、相模線 橋本駅北口 ミウィ橋本8階 杜のホールはしもと セミナールーム2
 
参加費:無料
 
定員:30名
 
申込: pigeru@mtf.biglobe.ne.jp   090-1045-9044 (担当:前田)
 
主催:母ちゃんずtutinokokarchanz.blog.fc2.com/
 
 
 
プロフィール

福島 避難母子の会 in 関東

Author:福島 避難母子の会 in 関東
3.11 あの大震災から私たちの生活は一変しました。

地震の被害による爪あと以上に、東京電力福島第一原発事故による人災が子供を抱える私たちの平和な暮らしを奪ったのです。

このブログは、子どもを放射線から守るため夫と離れ、
福島県郡山市から関東圏に避難してきた母親らではじめました。

同じ経験をし、慣れない土地で悩みを抱えるママ、一緒に話しませんか。

放射能による心配は緩和され、生活は落ち着いたようにみえるものの不安は常に付きまとっています。




【寄付のお願い】
活動を広げ維持して行く為、寄付をよろしくお願いいたします。

みずほ銀行 市ヶ尾支店 普通1091790 福島避難母子の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム
問い合わせ等はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。